ヨガアサナ日本選手権大会詳細

 

本年度(2015年)は行う予定はありません。

しかし、今後変更がある場合にはHPに記載いたしますので、HPをご覧くださいますようお願い申し上げます。

■大会概要

Japan Yoga Asana Championship、ヨガアサナ日本選手権です。

International Yoga Asana Championshipは成人と青年の部の2つのチャンピオン[removed]シップ、選手権大会で構成されています。

Japan Yoga Asana Championship、ヨガアサナ日本選手権はその成人の部にあたり、[removed]18歳以上の方であればどなたでも参加出来る大会です。

また、本大会は6月に行われる世界大会のための予選会です。

男子の部、女子の部、[removed]それぞれの優勝者には6月に行われる世界大会、[removed]International Yoga Asana Championship (主催:IYSF) への出場権が与えられます。また、[removed]Japan Yoga Sports Federationがそれに伴う渡航費、[removed]宿泊費のサポートをいたします。

 

■大会で禁止されていること

・競技前・競技中の違法薬物、アルコール飲料の使用。

・妊娠されている方の大会への参加。

・審査員が大会に競技者として参加すること。

・大会期間中、大会参加者・競技者は常に倫理、適切な規律・ルー[removed]ルを守ること

・不適切な行動、規定に反することがあれば、[removed]大会委員会は参加者・競技者の出場停止を決定することができる。

 

■衣装

女性

・ワンピース、もしくはツーピースの水着、レオタード、[removed]腕や脚が外に出る、[removed]肘や膝の関節を覆い隠さないエクササイズウェア・運動着。

・ビキニ不可。

・衣装は競技・ポーズを行う上で適切なもの。

・上品で華美な装飾がされていないもの。

 

男性

・speedoスタイルの水着、[removed]もしくはきちんと体にフィットするショートパンツ。

男女共に身に着けるアクセサリーは最小限に抑えること。[removed]ヘッドバンド・バンダナのようなものは着用出来ません。[removed]華美な衣装は不可。

 

■大会の進め方

・競技者の名前が呼ばれます。

・競技者がステージの真ん中まで歩いてきます。

・審査員の方を向きます。

・両方の手のひらを胸の前へ持ってきて、[removed]胸の真ん中で合掌Namaskar。

・審査員、観覧している方へ向かってお辞儀・一礼。

・両手を離して体の脇、側面に両腕を下ろす。

・『Begin Please(はじめ)』の声、合図で競技開始。

・競技者は3分間の中で7つのポーズ、アサナを行います。

・競技者が1番最初のポーズの姿勢へ入った瞬間、[removed]動いた瞬間に3分間の時計が動き始めます。
・[removed]それぞれのポーズを始める前に競技者が英語でポーズの名前を言い[removed]ます。

・競技者が途中ポーズから倒れてしまったり、[removed]ポーズを完成形までもっていけなかった場合は、[removed]同じポーズをもう1度だけ子行うセカンドチャンスが与えられます。

・2回目、[removed]再度失敗してしまった場合はそのまま次のポーズに移らなければい[removed]けません。

・3分間たったところで『Time(タイム)』[removed]の声がかかります。

・競技の途中で3分間たってしまった場合も途中で止めません。

・必ずポーズは最後まで、7つのポーズを最後まで行います。

・3分以内に競技を終えた場合は。[removed]競技にかかった時間がアナウンスされます。

・競技が終わったら、審査員・[removed]観覧している方へ向かって再度お辞儀・一礼。[removed]ここで競技終了となります。

 

■成人の部のポーズ、アサナについて

規定の5つのポーズと2つの選択ポーズ・[removed]出場者本人が選んだ2つのポーズ、合計7つのポーズ、[removed]アサナを行います。

・Standing Head to Knee(Dandayamana Janusirasana)4段階目まで

・Standing Bow Pulling Pose(Dandayamana Dhanurasana)

・Bow Pose(Dhanurasana)

・Rabbit Pose(Sasangasana)

・Stretching Pose(Pashicimottanasana)

・選択ポーズ

・選択ポーズ

 

■審査

それぞれのポーズ10点満点、7ポーズで合計70点。加えて、[removed]ポーズだけでなくステージに上がって来てから、[removed]ステージを降りるまでの全体的な流れ。[removed]身体と心が繋がっているか、[removed]自分の心を自分の身体と同じようにコントロール出来ているか、[removed]全体の優雅さ優美さ、その部分の評価点プラス10点の合計80点。

ヨガのポーズ、ポーズの完成度だけではなく、審査員はバランス、[removed]力強さ、柔軟性、ペースとタイミング、[removed]ポーズを行う際に適切な呼吸が出来ているかを見ています。[removed]競技者から湧き出るエネルギー、人間性・性格、バイタリティー。[removed]ステージに上がってからの歩き方、降りる時の歩き方。[removed]ポーズとポーズの間の動き、全体的な振る舞い(動き)の優雅さ、[removed]自信、冷静さ、ステージに上がった時の反応、カリスマ性、[removed]呼吸の静けさ・呼吸の落ち着き具合、時間配分、[removed]すべてが審査の対象となります。

 

(5)Stretching Pose

    Paschimotthanasana

(4)Rabbit Pose

    Sasangasana

(3)Bow Pose

    Dhanurasana

 

(2)Standing Bow Pose

    Dandayamana-Dhanurasana

 

(1)Standing Head to knee Pose

    Dandayamana-Janushirasana